トップ学科紹介イベント>それぞれのイベント

2016年11月26日 

平成成28年度工学部環境共生学科オープンラボが行われました

 11月26日(土)にむつめ祭の一環として行なわれた工学部オープンラボに、環境共生学科からは、「燃料電池、太陽光、風力発電を体験しよう!(山根研究室担当)」、「空気中の花粉やPM2.5等を観測してみよう−進撃の花粉”Attack of pollen”−(王研究室担当)」の2つのテーマを実施しました。
 山根研究室のテーマでは、光や風を当てることで、電気が発生することを参加者に体験してもらいました。また、最近注目されている、化学反応により発生した電気を継続的に取り出す燃料電池についても展示・紹介しました。
 一方、王研究室のテーマでは、PM2.5について紹介し、花粉やPM2.5の計測について実際に体験してもらいました。PM2.5について参加者から様々な質問があり、関心の高さを伺うことができました。
 当日は、88名の参加者が来られました。本イベントを通じて、参加者が環境問題についてより深く考えるいい機会になったと期待しています。